×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×資産価値が落ちないデザイン

雑誌「住宅建築」の表紙を飾った佐々木邸は完成から20年が経過しました。

玄関の床に練り混ぜる砂利のひとつ一つの素材にまでこだわり続けた結果、
経年変化に耐え得る汚れても「いい感じ」の住宅に育っています。
IMG_6323_2.jpg


柿の木坂のRC住宅も完成から13年以上が経過しました。

風雨に耐えるための機能を維持しつつも、
表面テクスチャーは風合いを増してきています。

現代の技術と昔ながらの自然素材の融合により、
ノーメンテナンスにも関わらず住宅の資産価値を落としません。
S邸


ファクト建築研究所 http://www.fact-arch.co.jp/

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2−4−6 佐々木ビル201
TEL:03-5458-5222
FAX:03-5458-5223
不定休
スポンサーサイト