×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×障子

浮きすだれは、視線の抜けと温熱環境を考慮した上では効果的な手法です。
しかし、太陽は常にその高度と角度が変化します。

夏場の15時以降は、すだれがキャッチ出来ない日射が部分的に発生するため、
第二の緩衝アイテムとして移動式の障子を設けています。

IMG_2697.jpg

ファクト建築研究所 http://www.fact-arch.co.jp
東京都渋谷区恵比寿西2−4−6 佐々木ビル201
スポンサーサイト

×すだれの取り付け

南側1階に設けた唯一の掃き出し引き違い窓の上部にフックを取り付け、
そこから枕木へとワイヤーを張ることで「浮きすだれ」を設えました。

IMG_4000.jpg

すだれの費用対効果は抜群で、約2℃〜3℃の温度低下が見込めます。
しかし、風対策やデザインを考えなければ効果は見込めません。

IMG_4468.jpg

ファクト建築研究所 http://www.fact-arch.co.jp
東京都渋谷区恵比寿西2−4−6 佐々木ビル201