×障子と畳

障子や畳といった和風デザインを現代の住宅に落とし込むためには、
とても神経を使った設計が必要となります。
Koshimichi_16.jpg

個々の部材のモジュール寸法が決まっているために、どこかしら「半端」な部分が
出現してしまう可能性があります。
素材のイメージとプランニングを同時で考える力が建物の完成度を左右させてしまいます。
Koshimichi_15.jpg

ファクト建築研究所 http://www.fact-arch.co.jp
東京都渋谷区恵比寿西2−4−6 佐々木ビル201
スポンサーサイト